2006年11月20日〜11月22日開催
Lisp特別イベントのご案内


2日間みっちり!
      Lispチュートリアル & Lisp 事例紹介セミナー

本イベントは、お陰様をもちまして無事終了致しました。 多くの皆様にご参加頂き、誠にありがとうございました。
講演者による発表スライドをupload 致しました。 下記リンク先よりご覧下さい。

2006年度のLisp特別イベントは、下記の著名なLisperの方々をお迎えして開催致します。
お誘い合わせの上、どうぞご参加下さい。

             
 湯淺太一教授(京都大学)
 川合史朗氏(Scheme Arts, LLC)
 橋本和夫教授(東北大学)
 中村正三郎氏(株式会社アンテナハウス)
 小出誠二氏(国立情報学研究所)
 三宅優氏(KDDI研究所)
 黒田寿男氏(株式会社数理システム)

米国からは、SRI International シニアエンジニア 兼 Association of Lisp Users (ALU) の副会長を務めるCarl Shapiro氏や、米国のセマンティックWeb業界で有名なRalph Hodgson 氏などをお迎えします。

弊社(Franz Inc.)からは、Fritz Kunze とJans Aasmanも来日し、Franz社がお届けする最新技術などをご紹介致します。

NOTE: 2006年11月22日(水)のイベントは、

数理システムユーザーコンファレンス2006
の一環として開催されます。会場のロケーションが異なりますので、お気を付け下さい。


■ 日時/場所

  AllegroGraph ハンズオン・チュートリアル  2006年11月20日(月)  13:30〜17:30 
           場所 :   株式会社数理システム(MSI) セミナールーム [東京都新宿区新宿]
               AllegroGraphの採用を検討されている方やご興味のある方、セマンティックWeb技術の導入を希望されている方々向けの4時間に渡るチュートリアルです

  第1日目  2006年11月21日(火)  10:00〜17:30  (懇親会 17:35〜19:00 セミナー会場より徒歩5分 咲くら
           場所 :   株式会社数理システム(MSI) セミナールーム [東京都新宿区新宿]
               Lisp に関する様々なトピックをご紹介します

  第2日目  2006年11月22日(水)  13:30〜17:00 (懇親会 17:00〜18:30 セミナー会場内)
           場所 :  六本木アカデミーヒルズ  六本木ヒルズ森タワー49F [東京都港区六本木]
               Lisp事例紹介を中心としたセミナーとなります

  ※11月22日の会場は、20日/21日とは異なるロケーションとなりますので、お気をつけ下さい。 六本木ヒルズ森タワー49Fへは、六本木ヒルズ森タワー2Fより「六本木アカデミーヒルズ49」直通専用 エレベータにて49Fまでお越し下さい。

■ 参加費  無料  (懇親会も無料)

■ お申し込み先

3日(2006年11月20日〜22日)とも定員に達しましたので、受付を締め切らせて頂きました。
キャンセル待ちご希望の方は、omata@franz.comまでご連絡下さい。

■ スケジュール

AllegroGraph ハンズオン・チュートリアル 2006年11月20日(月)
会場:(株)数理システム(MSI) セミナールーム
時間 チュートリアル・タイトル Tutorial Title 講義概要/発表スライド 講師名 講師略歴 会社/団体名
13:30-17:30 AllegroGraph ハンズオン・チュートリアル AllegroGraph Hands-on Tutorial click Jans Aasman click フランツ社


セミナー第1日目 2006年11月21日(火)
会場:(株)数理システム(MSI) セミナールーム
時間 講義タイトル Lecture Title 講義概要/発表スライド 講師名 講師略歴 会社/団体名
09:30-10:00 受付          
10:00-10:10 フランツ社社長ご挨拶 Opening Statement   Fritz Kunze click Franz Inc.
10:10-12:00 AllegroGraph を使ったセマンティックWebアプリケーション AllegroGraph Semantic Web Application click Jans Aasman click Franz Inc.
12:00-13:30 お昼休み lunch break        
13:30-14:30 RacerPro で遊ぶ オントロジー入門 Learn Ontology by Playing with RacerPro click 黒田寿男 (Hisao Kuroda) click (株)数理システム (兼 Association of Lisp Users 役員)
14:30-15:15 Recent Technology Investments at Franz Recent Technology Investments at Franz click Fritz Kunze click Franz Inc.
The Semantic Technology Terrain The Semantic Technology Terrain click Ralph Hodgson click TopQuadrant
Webサービスのトレンドとビジネスモデル Web Technology Trends towards Service Integration and its Business Model click 橋本和夫 (Kazuo Hashimoto) click 東北大学
15:15-15:45 Lisp - 流転するプログラミングユニバース Lisp: Evolution of Computer Programming Universe click 中村正三郎 (Shozaburo Nakamura) click (株)アンテナハウス
15:45-16:00 休憩 break        
16:00-16:45 パネル・ディスカッション パネル・ディスカッション   橋本和夫、黒田寿男、中村正三郎、Carl Shapiro、Fritz Kunze、Jans Aasman、その他    
16:45-17:30 AllegroCache でつくってみよう、自分の Google Create Your Own Google-like Search Engine with AllegroCache click 黒田寿男(Hisao Kuroda) click (株)数理システム(兼 Association of Lisp Users 役員)
17:35-19:00 懇親会/Party (無料/Free) 会場:咲くら (セミナー会場より徒歩5分)
〜 簡単な軽食と飲み物をご用意いたします。どうぞご参加ください 〜


セミナー第2日目 2006年11月22日(水)
会場: 六本木アカデミーヒルズ  六本木ヒルズ森タワー49F
注:11月20日〜21日とは会場が異なりますので、ご注意下さい。受付は「株式会社数理システム ユーザ会受付カウンター」にて、9:30より終日承ります
時間 講義タイトル Lecture Title 講義概要/発表スライド 講師名 講師略歴 会社/団体名
  受付け          
13:00-13:30 或るLispコンサルタントの日々
 〜物質・材料研究機構(NIMS)
    ポータルサイト構築事例〜
*ハワイよりオンライン生中継
A Lisp Consultant at Work
〜an Experience of Building Portal Site〜
click 川合史朗 (Shiro Kawai)
*ハワイよりオンライン生中継
click Scheme Arts, LLC
13:30-14:10 Geospatial Image Understanding in Common Lisp Geospatial Image Understanding in Common Lisp click Carl Shapiro click SRI International(兼 Association of Lisp Users 副会長)
14:10-14:50 LispとSemantic Webを利用したセキュア通信システムの構築 Lisp-based Automatic Security Management System click 三宅優 (Yutaka Miyake) click KDDI研究所
14:50-15:00 休憩 break        
15:00-15:40 セマンティックWeb、その展開と教訓 SemanticWeb, the Deployment and the Lessons Learned click 小出誠二 (Seiji Koide) click 国立情報学研究所
15:40-16:20 Why Semantic Technology is Important Why Semantic Technology is Important click Ralph Hodgson click TopQuadrant
セマンティックWeb 技術の将来予測 Future of Semantic Web Technology click 橋本和夫 (Kazuo Hashimoto) click 東北大学
click Fritz Kunze click Franz Inc.
16:20-17:00 ケータイでうごくiアプリすぷ A Lisp Interpreter i-αpplisp that runs on Mobile Phones. click 湯淺太一 (Taiichi Yuasa) click 京都大学(兼 Association of Lisp Users 役員)
17:00-18:30 懇親会/Party (無料/Free) 場所:セミナー会場内(六本木ヒルズ森タワー49F)
〜 (株)数理システム ユーザ会懇親会に同席させて頂きます。どうぞご参加ください 〜




■ 注意事項

  ・11月22日(水)のイベントは、数理システムユーザーコンファレンスの一環として開催されます。
  ・11月22日(水)の会場は、20日(月)/21日(火)とは異なりますので、お気をつけ下さい。
  ・日本人以外による講義は英語になりますのでご了承下さい。
  ・講演内容やスケジュールについては、当日までに変更となる場合もございますのでご了承下さい。変更内容は、当サイトにてアップデートして参ります。



■ お願い

当セミナー案内の配布にご協力ください。(A4サイズ、PDFファイル)

「2006年度特別イベント:Lispチュートリアル&Lisp事例紹介セミナー」案内


■ お問合わせ先

 フランツ株式会社
 小俣雅子(おまたまさこ)


■ 昨年度(2005年)の特別イベントWEBサイトはこちら


■ 講義概要・発表スライド

    *スケジュール順

AllegroGraph を使ったセメンティックWebアプリケーション
講師: Jans Aasman (Franz Inc.)
The Semantic Web RDF standard from W3C is making increasing inroads into government, the enterprise, bioinformatics, telecommunications, and other demanding arenas. Its simplicity and flexibility make it suitable to represent any structured or unstructured knowledge (be it call data networks from telecom providers or intelligence data from Homeland Security). However, for real-world applications the number of RDF triples can easily grow into the billions, making it difficult to process efficiently with traditional tools.

Systems that must load, manipulate, and query such enormous triple data stores require the best possible performance. Faced with this challenge, Franz has used its experience to engineer a massively scalable persistent triple store - AllegroGraph.

The talk will handle the basics of RDFS and OWL and the basics of the AllegroGraph triple store. We will demonstrate how to retrieve data from the triple store through Prolog and Sparql, using the Kennedy family and a (fake) terrorist database. The graph nature of AllegroGraph will be demonstrated on a movie database where we will compute the Kevin Bacon number between any two actors.

Link: http://jp.franz.com/base/allegrograph.html
Link: http://franz.com/products/allegrograph/

発表スライド: 当講義の発表スライドをご希望の方は、小俣(omata@franz.com) までご連絡下さい。


RacerPro で遊ぶ オントロジー入門
講師:黒田寿男 (株式会社数理システム 兼 Association of Lisp Users 役員)
RacerPro を使って Ontology をつくってみる。
Ontology とは何か。
Ontology をつくるにあたって何を考慮しなければいけないか
Ontology をつくるにあたって何が難しいのか

Lecture Title: Learn Ontology by Playing with RacerPro

Link: http://franz.com/products/racer/


Recent Technology Investments at Franz
講師:Fritz Kunze (Franz Inc.)
発表スライド: HTML版 / ダウンロード PDF(29KB)


The Semantic Technology Terrain
講師:Ralph Hodgson (TopQuadrant)
Semantic Technology covers a spectrum of software technologies. For some people, it includes any technology that allows machine processing of meaning, for others it has associations with AI, the field of Artificial Intelligence and machine cognition. With the use of ontologies in enterprise systems, more traditional software vendors are now increasingly identifying themselves with semantic technology. With this background established, the talk will position and describe the evolution of the semantic technologies that make up the Semantic Web, namely, RDF, RDFS, OWL, SPARQL and SWRL. Some short demonstrations of semantic technology will be shown using the semantic development platform, TopBraid Composer.

発表スライド:HTML版
論文: セマンティック技術の概要とセマンティックWebのビジョン
     (SICoP 白書シリーズ モジュール1)
     ダウンロード PDF (0.99MB) or
     http://www.semanticweb.jp/SICoP/index.html


Webサービスのトレンドとビジネスモデル
講師:橋本和夫(東北大学)
発表スライド: ダウンロード PDF(4.17MB)

Lecture Title: Web Technology Trends towards Service Integration and its Business Model


Lisp - 流転するプログラミングユニバース
講師:中村正三郎 (株式会社アンテナハウス)

発表スライド:下記URLからご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/%7Eki4s-nkmr/lisp20061121/lisp.html

Lecture Title: Lisp: Evolution of Computer Programming Universe


或るLispコンサルタントの日々
---(独)物質・材料研究機構(NIMS)ポータルサイト構築事例---
講師:講師: 川合史朗  (Scheme Arts, LLC)
ベイエリアやボストンを中心に世界にわずかづつ棲息するといわれる絶滅危惧種Lispコンサルタント。果して彼(女)らは何をして生活しているのか。或るLispコンサルタントのプロジェクトへの関わりの事例を通してその謎に包まれた生態に迫る。

発表スライド:下記URLからご覧ください。
http://practical-scheme.net/wiliki/wiliki.cgi/Gauche:RemoteSlide

Lecture Title: A Lisp Consultant at Work
---an Experience of Building Portal Site---
Abstract: Lisp consultants are an endangered species inhabited scarcely all over the world, with some concentration around Bay Area and Boston. It is little known to general public what they do for living. This lecture reveals the peculiar way they work by following one Lisp consultant who worked on a joint project.

★注:川合氏の講義は、オンラインにて、ハワイからの生中継となります。

Link: http://www.lava.net/~shiro/index.html


Geospatial Image Understanding in Common Lisp
講師:Carl Shapiro (SRI International 兼Association of Lisp Users 副会長)
In this talk I will describe SRI's FREEDIUS system, a geospatial image understanding environment written overwhelmingly in Common Lisp. The FREEDIUS system represents nearly 25 years of continuous development in Lisp-based software environments for image understanding, cartographic feature extraction, and visualization at SRI's Artificial Intelligence Center. It has been honed through use as the primary vehicle for image understanding research at SRI and dozens of other academic and industrial research laboratories throughout the world.

Key to the success of the FREEDIUS system is the confluent numeric and symbolic processing facilities of Common Lisp. Similar systems have been architected with the numerical component implementing in a static language, and the symbolic component either in the same static language or a scripting language grafted delicately to a library interface. Common Lisp's level treatment of numeric and symbol manipulation enables systems where data flows naturally between computational domains without disruptively crossing implementation domains and without loss of fidelity or performance.

In addition to describing the unique capabilities of the FREEDIUS system, this talk will conclude with an overview of features a Common Lisp system should provide to improve numerically-oriented application performance.

Link: http://www.ai.sri.com/~connolly/freedius/basics.html

発表スライド: HTML版 / ダウンロード PDF(2.22MB)


LispとSemantic Webを利用したセキュア通信システムの構築
講師:三宅優 (KDDI研究所)
フィッシングサイトの出現や各種の攻撃、侵入行為等により、インターネットが危険なものであるとの認識が広まってきている。このため、インターネットの利用を控える動きも出てきており、セキュリティ確保はインターネットに関与する すべての人々にとって重要な課題となっている。KDDI研究所では、通信事業者としてネットワーク側でセキュリティ機能を提供するための仕組みを検討しており、Franz社の協力により、LispとSemantic Webを利用して、利用者の通信状況から自動的にセキュアな通信環境を構築するシステムのプロトタイプを作成した。本セッションでは、このシステムの概要について説明する。

発表スライド: ダウンロード PDF(2.44MB)

Lecture Title: Lisp-based Automatic Security Management System


セマンティックWeb、その展開と教訓
講師:小出誠二 (国立情報学研究所)
いくつかのセマンティックWeb応用開発事例を紹介し、その経験の中から得られた教訓を述べる。

発表スライド:HTML版 / ダウンロード PDF(2.39MB)

論文/エッセイ:PDF(176KB)

Lecture Title: Semantic Web, the Deployment and the Lessons Learned
Abstract: A couple of applications of Semantic Web technology and the lessons learned are introduced.


Why Semantic Technology is Important
講師:Ralph Hodgson (TopQuadrant)
There is a growing interest in semantic technology. In 2007 we will see more enterprise use of ontology-based infrastructure and applications. What justifies this view? Consider the increasing need to integrate data from different databases, to reconcile different vocabularies between applications, to mediate messages across different systems, and to improve enterprise search and knowledge discovery. Enterprises face the challenge of integrating with new partners and suppliers in an ever increasing dynamic environment. Mergers, acquisitions, and organizational restructuring also drive the need for more agility in IT infrastructure. The future will see enterprises adopting service-oriented architecture based on web services. When these architectures extend across distributed systems, efficient dynamic discovery and correct composition of web services become key capabilities. XML alone was not intended to solve these problems; new standards for expressing and interchanging meaning on the web have now become international standards, namely, RDFS, OWL, SPARQL and SWRL. Building on XML, these languages provide distributed and federated capabilities for resolving semantic differences between database schemas. The effective application of semantic technology is a creative interplay of solution ideas with the uncovering of business challenges, possibilities and opportunities. Clarity on the business situation comes from understanding forces, challenges and the desired results of stakeholders. The talk will use "Capability Cases", patterns for expressing "the business case for a capability" to illustrate how semantic technology is solving real enterprise problems.

発表スライド:HTML版


Semantic Web 技術の将来予測
講師:橋本和夫(東北大学)
セマンティックWeb技術への関心が高まりつつあり、さまざまな分野での適用可能性が検討されている。本講演では、いくつかの開発事例をもとに、Semantic Web技術が適用されるであろう領域や可能なアプリケーションを予測し、ビジネス的なインパクトについて議論する。

発表スライド: ダウンロード PDF(416KB)

Lecture Title: Predicting the Future of Semantic Web Technology
Abstract: Semantic Web technology is collecting much attention as enhancement to the existing XML, and many prototype developments in various fields are reported. This talk will survey some of the major developments and discuss the business implication predicting the possible service areas.


The Future of the Semantic Web
講師: Fritz Kunze(Franz Inc.)
Today, engaging in almost any search with Google, we easily find too much information. Way too much information - and finding what we want often seems increasingly harder. And it generally is harder, since the amount of information available increases so fast.

While we find it increasingly harder to interpret search results, developing automatic programs designed to return more accurate results is even harder. And yet, unless we build such technology, we will drown in results. The Semantic Web is a collection of ideas collectively aimed at solving this problem.

Ten years from now we will inhabit a world in which intelligent programs routinely retrieve increasingly accurate website information, even in the face of ever-increasing amounts data. Predictions are inherently dangerous - they are so often wrong - yet can we make any predictions about what these programs might do and how they might work?

Which ideas will perish? And which ones will survive? Why should you care? And what effect will they have on business activities? Come to this talk to learn more.

発表スライド: HTML版 / ダウンロード PDF(36KB)


ケータイでうごくiアプリすぷ
講師:湯淺太一 (京都大学 兼 Association of Lisp Users 役員)
Java関連の研究開発において,Lispの技術が効果的に適用された事例を紹介する。またその研究開発の副産物としてできてしまったiアプリとして携帯電話機で動作するLisp処理系を紹介する。

発表スライド: HTML版 / ダウンロード PDF(607KB)

Lecture Title: A Lisp Interpreter i-αpplisp that runs on Mobile Phones.

Link: http://ryujin.kuis.kyoto-u.ac.jp/~yuasa/jakld/index-j.html
Link: http://ryujin.kuis.kyoto-u.ac.jp/~yuasa/index_J.html


■ 講師略歴

    *アルファベット順

Jans Aasman
Director of Engineering, Franz Inc.
Jans Aasman is a cognitive psychologist. His first paid job ever was to write a traffic simulator for school kids. Ultimately this tool was used by 100,000's of children. His thesis was about modelling car driver behaviour using Soar, an advanced learning production system. After his thesis he worked for 12 years in a Dutch telecom research lab, focussing on intelligent telecom services. In addition he was a part-time professor at the Industrial Design faculty of the Technical University of Delft, focussing on research in intelligent user interfaces and teaching systems architecture. Currently he is the directory of engineering at Franz.

Link: http://www.franz.com/about/bios/jaasman.lhtml


橋本和夫 (Kazuo Hashimoto)
東北大学 教授
1979年 東北大学電子工学研究科修士課程を修了し、KDDI(当時のKDD)に入社。以来、人工知能の通信への応用について研究を行い、1999年人工知能学会研究奨励賞、2001年電子情報通信学会論文賞、 2002年電波功績賞の各賞を受賞。1986年米国Brown大学大学院 計算機学科にて修士課程修了。 2001年に東北大学より博士号を授与される。KDD研究所で機械翻訳プロジェクトを担当して以来、Lispユーザとなり、Franz Lisp (Vax11/780, 3.9BSD-4.2BSD), Zeta Lisp (Symbolics)、Emacs Lisp, KCL、Allegro Common Lisp(Franz Inc.)を経験。これまでに担当した研究開発は、機械翻訳、網管理Expert System、情報検索、障害診断など。2001年から2005年にかけて、KDDI米国研究所の所長として、カリフォルニア州パロアルト市を拠点に、米国での研究活動全般を統括。シリコンバレーのスタートアップ企業や、スタンフォード大学やUCバークレー校などの米国大学との共同研究を企画・実施。2006年4月より東北大学の教授として赴任。

Link: http://www.eng.tohoku.ac.jp/ugrad/eipe/?page=lab&lab=5&ln=182


Ralph Hodgson
Executive Partner, TopQuadrant
Ralph Hodgson has over 30 years experience in the United States and internationally in software systems design, software and methodology development and deployment. Before co-founding TopQuadrant he has held executive consulting positions at IBM Global Services where he was a founding member of the Object Technology Practice. Prior to IBM, he was European Technology Director, founder and Managing Director of Interactive Development Environments, an international CASE tools vendor. He started his career in the Research and Development Department of Hewlett Packard where he designed telecommunications test instrumentation. As an entrepreneur and technologist, Ralph pioneered the adoption of Object Technology in Europe and in the US. He is now doing this for Semantic Technology. Ralph is a published author and a frequent speaker at international software engineering conferences. His most recent book on Semantic Technology, which he co-authored with Jeff Pollock, is called "Adaptive Information" and was published in 2005 by John Wiley. Between 1996 and 2000, he organized the OOPSLA workshops on "System Envisioning". He is currently working with NASA on the use of Semantic Technology for the Constellation Program - the return to the Moon and manned missions to Mars.

Link: http://www.topquadrant.com


川合史朗 (Shiro Kawai)
Scheme Arts, LLC
Scheme Arts, L.L.C. 代表。Lisp/Schemeによるシステム構築や、コンピュータグラフィクス系プロダクション支援ツールの製作を主な業務とする。Lispコンサルタントとは名ばかりで仕事によっては節操無くC++もアセンブラも使う。
Link: http://www.lava.net/~shiro/index.html
Link: http://practical-scheme.net/

★注: 川合氏の講義は、オンラインにて、ハワイからの生中継となります。


小出誠二 (Seiji Koide)
国立情報学研究所
平成14年から17年まで株式会社ギャラクシーエクスプレスにて文科省ITプロジェクトを担当し、セマンティックWebの産業応用について研究開発。平成18年より国立情報学研究所博士課程にてセマンティックWebの学術研究を続行。

He was engaged in R&D of the Semantic Web application in industry at one of the MEXT IT projects during 2002 -- 2005. He continue studying Semantic Web as his doctoral thesis at National Institute of Informatics from 2006.


Fritz Kunze
CEO and Co-Founder, Franz Inc.
Fritz Kunze, President, co-founded Franz Inc. in 1984. Franz is the world-wide market leader supplying CLOS Systems and CLOS persistent storage systems. In addition Franz defined and popularized the category Dynamic Object Oriented Programming Languages. Prior to Franz, Fritz was a graduate student in mathematics and computer science at the University of California at Berkeley. He holds an M.S. in Mathematics from the University of California at Berkeley.

Link: http://www.franz.com/about/bios/fkunze.lhtml


黒田寿男 (Hisao Kuroda)
株式会社数理システム 知識工学室 室長 (兼 Association of Lisp Users 役員)
Hisao Kuroda works for Mathematical Systems Inc. in Tokyo, and is manager of the Knowledge Engineering Division. His interests are in programming languages, intelligent computer systems, and Lisp, which he first met up with almost 20 years as Franz Lisp on BSD4.1. For the past six years, Kuroda has been using Common Lisp to develop commercial applications. His successful projects include: a C compiler for NTT's parallel computer, a design check system for the piping in an atomic plant, and a legal expert system using Prolog. Recently, Kuroda was appointed to the Board of Directors of The Association of Lisp Users (ALU), the first such member from an Asian country.

Link: http://cl-www.msi.co.jp/solutions/knowledge/
Link: http://www.alu.org/alu/~1b27e891a59f152f3f8f0017~/alu-board


三宅優 (Yutaka Miyake)
KDDI研究所
1990年にKDD(当時)に入社し、KDD研究所に配属。以来、通信プロトコルとネットワークセキュリティに関わる研究に従事。現在、KDDI研究所ネットワークセキュリティグループ グループリーダ。

Link: http://www.kddilabs.jp/main.html


中村正三郎 (Shozaburo Nakamura)
(株)アンテナハウス
1983年九州大学工学部情報工学科修士課程修了。同年4月、(株)管理工学研究所に入社。日本語ワープロソフト松シリーズ、日本語入力フロントエンドプロセッサ松茸シリーズなどの開発に従事。1989年1月より(株)ソフトヴィジョンに勤務。文書交換の中間形式RTFJ、通信ソフトMILINK、簡易SGMLフォーマッタSGF、Windows用データベースソフトDBProfor Windows、SGML/XML関連の仕事など多くのソフトを手がける。2002年2月より(株)アンテナハウスに勤務。XMLやゲノム関連の仕事に従事。各誌やネットワーク上でエッセイなどを連載。九州大学、慶應義塾大学、法政大学の非常勤講師でもある。

Link: http://iiyu.asablo.jp/blog/


Carl Shapiro
SRI International (兼Association of Lisp Users 副会長)
Carl Shapiro is a Senior Software Engineer at SRI International's Artificial Center, where he works on real-time systems for airborne video exploitation.

He is also a Vice President of ALU and was Chair of International Lisp Conference 2005 that took place at Stanford University, California, USA.

Shapiro氏は、上記の他にAssociation of Lisp Users(ALU)会のVice President(副会長)を務める。
昨年、大成功をおさめたInternational Lisp Conference 2005 ではChair(会長)を務め、Lispコミュニティーに大きく貢献している。

Link: http://www.sri.com/
Link: http://www.alu.org/alu/~1b27e891a59f152f3f8f0017~/alu-board


湯淺太一 (Taiichi Yuasa)
京都大学 教授 (兼 Association of Lisp Users 役員)< /td>
1984年に、萩谷昌巳教授(現 東京大学)とともに、Kyoto Common Lisp(略称KCL)を開発。マサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学以外で最初に作られた顕著な Common Lisp (CL) として世界中で注目を浴びる。世界で最初に誕生した実用的な Common Lisp処理系であるとも言われている。

KCLはその後GNUに寄付され、GNUのCommon Lispの1つとして、GCLとして使われている。(GCLの経緯については http://www.gnu.org/software/gcl/gcl.html をご参照のこと)

著書にCommon Lisp入門(萩谷昌巳教授と共著、岩波書店)を含む。本書籍は lntroduction to Common Lisp (Academic Press出版)として英訳されている。

Taiichi Yuasa received a Bachelor of Mathematics degree in 1977, Master of Mathematical Sciences degree in 1979, and the Doctor of Science degree in 1987, all from Kyoto University. He joined the faculty of the Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University, in 1982. He is currently a Professor at the Graduate School of Informatics, Kyoto University. His current area of interest include symbolic computation and programming language systems.

Link: http://www.yuasa.kuis.kyoto-u.ac.jp/
Link: http://www.alu.org/alu/~1b27e891a59f152f3f8f0017~/alu-board



Franz Inc. Japan Home  |  Franz Inc. Home
Copyright © 2007 Franz Inc.