2008年11月13日〜11月14日開催
特別イベントのご案内


※本イベントは、お陰様をもちまして無事終了致しました。多くの皆様にご参加頂 き、誠にありがとうございました。
講演者による発表スライドをupload 致しました。下記リンク先よりご覧下さい。

2日間みっちり!
      Lispチュートリアル & 事例紹介セミナー

毎年ご好評頂いております2日間にわたるイベントを、下記の要領にて開催致します。
お誘い合わせの上ご参加下さい。

NOTE: 2008年11月14日(金)のイベントは、

数理システムユーザーコンファレンス2008
の一環として開催されます。会場のロケーションが異なりますので、お気を付け下さい。


■ 日時/場所

  第1日目  2008年11月13日(木) 09:00 〜 16:00 
 定員に達しましたので申し込みを〆切りました
          内容 : MOP (Metaobject Protocol) in One Day
(Gregor Kiczales 著 The Art of the Metaobject Protocol(ISBN0-262-61074-4) をベースにした講義となります)
          場所 : 株式会社数理システム(MSI) セミナールーム [東京都新宿区新宿]
          詳細・お申し込み:http://cl-www.msi.co.jp/solutions/knowledge/lisp-world/

  第2日目  2008年11月14日(金) 13:00 〜 16:40 
          内容 :事例紹介を中心としたセミナーとなります。詳細は、下記プログラムをご覧下さい。
          場所 : 六本木アカデミーヒルズ  六本木ヒルズ森タワー49F [東京都港区六本木]
          お申し込み: http://www.msi.co.jp/userconf/08/
          (数理システムユーザーコンファレンス2008に参加お申し込み下さい)

■ 参加費  無料  

■ スケジュール

2008年11月13日(木)
会場:(株)数理システム(MSI) セミナールーム
時間チュートリアル・タイトル講師名会社/団体名
09:00 〜 16:00 MOP (Metaobject Protocol) in One Day黒田寿男(株)数理システム


2008年11月14日(金)
会場: 六本木アカデミーヒルズ  六本木ヒルズ森タワー49F
時間講義タイトル講師名会社/団体名
13:00 〜 13:40 Kodak社によるAllegroGraph (セマンティックWebツール)を使った
自動Webアルバム生成システムと、
米国国防省採用のAllegroCache (オブジェクト指向データベース)を使った
Rule-based データベース
Jans AasmanFranz Inc., USA
13:45 〜 14:20 Common Lisp を使ったローバー制御プロトタイプ
-- ICFP08 コンテストへの挑戦
Salvi Peter
黄澗石
東京大学
(株)数理システム
14:30 〜 15:10 Practical Peta Scale Data Analysis using Lisp based Tools and FrameworksPrasad YalamanchiTeleonto Technologies, India
15:15 〜 15:55 トリプルによるユビキタスIDシステムの実現
(Designing the Ubiquitous ID System with Triples)
紙名哲生東京大学 兼
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
16:00 〜 16:40 AllegroGraphで作るセマンティックWebアプリケーション藤井遼慶應義塾大学
17:00 〜 18:30懇親会 (無料)
〜 (株)数理システム ユーザ会懇親会に同席させて頂きます。どうぞご参加ください 〜

*予定しておりました(株)数理システム 阿部正桂氏による講演「階層構造の可視化システム」は、事情によりキャンセルとなりました。
大変申し訳ございません。

■ 講義概要(Abstract)、講師略歴(Bio)など

 *スケジュール順


講義:
2つの事例: Kodak社によるAllegroGraph (セマンティックWebツール)を使った自動Webアルバム生成システムと、
米国国防省採用のAllegroCache (オブジェクト指向データベース)を使ったRule-based データベース
講演者:
Jans Aasman (Franz Inc.)
Abstract:
事例1: Kodak社によるAllegroGraph (セマンティックWebツール)を使った自動Webアルバム生成システム

The task of creating albums or multimedia output from consumer content is becoming increasingly difficult as the amount of content grows.This work presents a system for using semantic information to automate the process of selecting and combining digital assets into summary presentations or storylines, as well as determining triggers for when to generate such content. The system obtains semantic information from a variety of sources, including the capture metadata, image and video understanding algorithms, user profiles and third party ontologies; all such semantic information is stored in a triple store. Prolog-based rules leverage the triple store to provide a knowledgebase for determining when to create particular types of output and how to select assets for such output. This knowledgebase greatly simplifies the task of creating consumer-grade multimedia content.

*上記は、Eastman Kodak 社(米国)Mark D. Wood 氏による論文 「Exploiting Semantics for Personalized Story Creation」の概略です。本文については、IEEE International Conference on Semantic Computing 2008の論文集をご覧下さい。

事例2: 米国国防省採用のAllegroCache (オブジェクト指向データベース)を使った Rule-based データベース

Oasis (Operational Assessment Support Information System) gathers, analyzes, and presents information about parts used in defense systems such as helicopters, tanks, etc. Oasis not only provides users with rapid exploration, but also decision assessment. Oasis includes an expert system for finding and analyzing inventory condition exceptions. Oasis also allows collaboration between team members by allowing parts populations to be created and shared dynamically and then kept or deleted as analysis needs may arise.

Oasis is a web-hosted application with a highly interactive user interface built using AJAX technology. All parts of Oasis, from data acquisition and database storage to the expert system / analysis tools to the web server and web session manager are written in Lisp. The tools used are Allegro CL (Lisp programming language and development environment), AllegroCache (database), AllegroServe (web server), and Allegro Webactions (web session management). The only major part of Oasis not written in Lisp is the Ajax widget set for browsers, which are provided by Backbase and written in Javascript/XML for the major internet browsers. Allegro Webactions interacts directly with the Backbase utilities.

Bio:
Jans Aasman, President and CEO of Franz Inc. His previous experience andeducational background include:
発表スライド
Coming Soon ...
URL:
http://agraph.franz.com/allegrograph/

講義:
Common Lisp を使ったローバー制御プロトタイプ
-- ICFP08 コンテストへの挑戦
Abstract:

今年度のICFPプログラミング大会の課題は、ローバーを障害や敵を避けながら 基地まで導くコントローラーを開発することでした。今回のプレゼンでは、 我々がこの問題をどう分析し Common Lisp を用いた解決方法に至ったかをご紹介します。 さらに、異なるストラテジィーを比較し、Common Lisp の macro と CLOS を 活かす方法もあわせてご紹介します。

The topic of the this year's ICFP programming contest was to program a controller that guides a rover through rough terrain and hostile forces to its home base. In this talk we'll show how we analyzed the problem and how we approached to the solution using Common Lisp. We'll show and compare different strategies and also how Common Lisp's macros and CLOS became a powerful tool that helped our implementation.

講演者:
Salvi Peter(東京大学)
Bio:
サルビ・ペーテル(26)ハンガリー人。
ブダペストのELTE大学で修士学位を獲得し、2006年から東京大学の博士課程に属しています。
専門は三次元モデリングですが、三年前からLispで開発しています。
講演者:
黄 澗石((株)数理システム)
Bio:
黄 澗石(26)中国人。
上海の同済大学で学士学位を獲得、制御系組み込みシステムの開発の仕事をしていた。 2005年から電気通信大学に留学にして、システム工学の修士課程で卒業しました。
今数理システムで勤めっています。2005 年Scheme という言語の美しさに感動され、プログラミング言語に興味になった。特に Common Lisp をよく使っています。今幸せなLispプログラマーになっています。
発表スライド
ダウンロード PPT(2.60MB) / ダウンロード PDF(2.44MB)

講義:
Practical Peta Scale Data Analysis using Lisp based Tools and Frameworks
講演者:
Prasad Yalamanchi (Teleonto Technologies, India)
Bio:

The Chairman and CTO of Teleonto Technologies, India.
Prasad has years of technology development and executive management experience at leading Telecom carriers and R&D companies in the USA. He was Executive Vice President overseeing Engineering and Product Marketing at a US telecom software major. In 1998, he set up one of the first major software product development centers in India. Under his guidance, large engineering teams spread out over the US, Japan and India, have designed and developed sophisticated, multiple, large-scale telecom OSS software systems. These systems were successfully deployed into production at some of the world's largest telecom carriers located in USA and Japan.

ダウンロード用Abstract
ダウンロード PDF(128KB)
発表スライド
ダウンロード PDF(686KB)
URL:
http://www.teleonto.com/home.html

講義:
トリプルによるユビキタスIDシステムの実現
(Designing the Ubiquitous ID System with Triples)
Abstract:

Ubiquitous ID (uID for short) is a general purpose framework for implementing context-aware ubiquitous computing applications. In this framework, each object and place is identified by a unique identifier, and all the identifiers and their relations are stored in a large scale database called UCRDB.

UCRDB is a key technology to establish many kinds of context aware applications. The talk will overview how the requirement of context-awareness is easily achieved by modeling UCRDB as a huge number of triples. Then, the talk will show the idea of querying external text-base search engines on behalf of the queyr execution of UCRDB to make use of legacy contents on the fly.

講演者:
紙名哲生
(東京大学 兼 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所)
Bio:

1999年、国際基督教大学教養学部理学科卒業。この時よりLispを使い始め、 Allegro Common Lisp (ACL) を利用したEコマースWebサイトを構築。
東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系修士課程、 博士後期課程をそれぞれ2002年、2005年に修了。修士課程では シャッフル表現をはじめとする強力なパターンマッチ機構を備えた XML構造変換言語を ACL 上で構築した。
現 東京大学大学院人文社会系研究科 情報メディア室 助教。 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所との共同研究に従事している。

ダウンロード用Abstract
ダウンロード PDF(493KB)
URL:
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~kamina/index-j.shtml
http://www.ubiquitous-forum.jp/documents/uns2007/uns2007_04.pdf

講義:
AllegroGraphで作るセマンティックWebアプリケーション
Abstract:

AllegroGraphで簡単に実現できるWebアプリケーションの例題を示し、セマンティックWebテクノロジおよびAllegroGraphを用いる利点や課題について述べる。

講演者:
藤井遼
Bio:

慶應義塾大学大学院開放環境科学専攻修士1年。
専門は機械学習・自然言語処理・データマイニング。2007年データ解析コンペ ティション学生部門入賞。
最初に触った言語はscheme、研究用のコードは全てCLという純粋培養された第二 世代 Lisper。
しかしLispでプログラムばかりしており、数理システムでのアルバイトを経て Franz社にインターンシップにも行ってしまった。

発表スライド
ダウンロード PPT(177KB)

Franz Inc. Japan Home  |  Franz Inc. Home
Copyright © 2014 Franz Inc.