2009年11月19日〜11月20日開催
特別イベントのご案内


2日間みっちり!
      Lispチュートリアル & 事例紹介セミナー

※本イベントは、お陰様をもちまして無事終了致しました。多くの皆様にご参加頂き、誠にありがとうございました。
講演者による発表スライドをupload 致しました。下記リンク先よりご覧下さい。


■ 日時/場所

  第1日目  2009年11月19日(木) 10:00 〜 16:00 
 
          内容 :下記スケジュールをご覧下さい
          場所 : 株式会社数理システム(MSI) セミナールーム [東京都新宿区新宿]
          詳細・お申し込み:omata@franz.comまでお申し込み下さい
その際、下記の情報をメールに含んで頂けますと幸いです。
  1. お名前(フリガナ含む)
  2. 会社・組織名
  3. メールアドレス
  4. 当日は、どのセッション(10:00〜12:00 ・ 13:00〜14:00 ・ 14:00〜16:00)に参加される予定か
  5. 過去にも弊社または(株)数理システム様主催のLispセミナーに参加されたことがあるか

  第2日目  2009年11月20日(金) 13:00 〜 16:40 
          内容 :下記スケジュールをご覧下さい。
          場所 : 六本木アカデミーヒルズ  六本木ヒルズ森タワー49F [東京都港区六本木]
          お申し込み: http://www.msi.co.jp/userconf/09/
          (数理システムユーザーコンファレンス2009に参加お申し込み下さい)

■ 参加費  無料  

■ お問合わせ先
フランツ株式会社
小俣雅子(おまたまさこ)
omata@franz.com

■ スケジュール

2009年11月19日(木)
会場:(株)数理システム(MSI) セミナールーム
時間講義タイトル講師名講義概要・講師略歴他会社/団体名
10:00 〜 12:00 Common Lisp プログラムの最適化黒田寿男click(株)数理システム
13:00 〜 14:00 ACLの対称型マルチプロセッシング対応と
年末リリース予定のACL8.2/ACL9.0beta について
David MargoliesclickFranz Inc.
14:00 〜 16:00 チュートリアル:
ACL as a Parallel Lisp
(Using a Parallel Lisp for Next Generation Database Applications)
Jans AasmanclickFranz Inc.


2009年11月20日(金)
会場: 六本木アカデミーヒルズ  六本木ヒルズ森タワー49F カンフェレンス
時間講義タイトル講師名講義概要・講師略歴他会社/団体名
13:00 〜 13:40 ACL as a Parallel Lisp
(Using a Parallel Lisp for Next Generation Database Applications)
Jans AasmanclickFranz Inc.
13:45 〜 14:25 Lisp, the Intangible Satellite Propulsor
-- ICFP 2009 Programming Contest report
黄澗石
(Jianshi Huang)
click(株)数理システム
14:30 〜 15:10 並列Lispによる制約充足アルゴリズムの自動作成Alex Fukunagaclick東京工業大学グローバルエッジ研究院
15:15 〜 15:55 Some Lisp programs from Europe
-- ヨーロッパLisp事情
Arthur Lemmensclick
16:00 〜 16:40 Lisp Compiler の評価阿部正佳
(Seika Abe)
click(株)数理システム
17:00 〜 18:30懇親会 場所:セミナー会場内(六本木ヒルズ 49F)
〜 (株)数理システム ユーザ会懇親会に同席させて頂きます。どうぞご参加ください 〜

*2009年11月20日(金)のイベントは、
数理システムユーザーコンファレンス2009
の一環として開催されました。



■ 講義概要(Abstract)、講師略歴(Bio)など

 *スケジュール順


講義:
Common Lisp プログラムの最適化
講演者:
黒田寿男 (株式会社数理システム)
講義概要:

ラピッドプロトタイプを可能とする多くのプログラミング言語は、その実行速度が問題となった場合、C や assembler に書き換へるより他なく、ラピッドなのはβ版が出るまで、ソフトウェアライフサイクルを考へれば、およそどんなプログラムであれ、最初から C/C++ で書いておくにこしたことはない、といった判断の正当化を後押しすらしかねません。

ANSI Common Lisp は対話的でラピッドなプログラム開発と同時に、インクリメンタルな最適化手段を与へてくれている数少ないプログラミング言語です。ただこの最適化もむやみやたらに宣言文を加へるだけでは、プログラムが読みにくくなり、時にはバグさへ誘発し、結局 C で書き直したはうが良かった、などと言う笑へないオチでは困りものです。

本講義では Common Lisp プログラムの最適化において、どういったテクニックがあり、どこにどういった注意を向ければ良いのか、さらに Common Lisp プログラムの実行速度を考へる上で一番問題となりやすい cons をどう減らすことができるかを、いくつかの例をあげて紹介します。本講義では主に Allegro CL 8.1 の features を中心に話を進めますが、その内容は Common Lisp 一般にも適応できるものと思います。

講師略歴:

黒田寿男 (くろだひさお)、株式会社数理システム取締役兼知識工学部長。
A Board of Director of Association of Lisp Users (ALU).
最近は Common Lisp を用いた HPC (High Performance Computing) と、より高速かつスケイラブルで使いよい統計解析機械学習プラットフォームをつくることに興味があり、それと関係していまさらながら、Data Flow Visual Programming Language 追っかけてみようと思っている。
私生活では、この一年、福田恆存の文芸評論にいたく感動。ああいう観点で小説や演劇を味へるようになりたい。
また2010年マウンテンサイクリングin乗鞍において1時間20分を切ることが当面の目標。
http://www.msi.co.jp/~kuroda

その他:

必須ではありませんが、受講前にAllegro Common Lisp (ACL) 8.1 をお試しになることをお薦めします。
特に、下記機能をお試しになるか、ドキュメンテーションに目を通しておいて頂けると幸いです。

http://www.franz.com/support/documentation/current/doc/debugging.htm
http://www.franz.com/support/documentation/current/doc/compiling.htm
http://www.franz.com/support/documentation/current/doc/runtime-analyzer.htm
http://www.franz.com/downloads/  (Allegro CL Free Express ダウンロード先)


講義:
ACLの対称型マルチプロセッシング対応と
年末リリース予定のACL8.2/ACL9.0beta について
講演者:
David Margolies
講義概要:

Franz Inc.'s Allegro CL will have two releases in quick succession: version 8.2 and version 9.0.
Version 9.0 will support symmetric multiprocessing (SMP), allowing application to use multiple processors rather than just one.
This changed requires some shifts in programming paradigms because multiple processes on multiple processors can independently modify data resulting in data corruption not possible (or more easily avoided) when using a single processor. This talk will describe these necessary paradigm shifts and the new tools, already available in version 8.2, for identifying areas of concern in an existing program and for preventing data corruption when SMP becomes available. Other new features of the releases will also be discussed.

New in 8.2:

Planned for 9.0:

講師略歴:
Dr. David Margolies has worked for Franz Inc. for over 20 years and has held a number of positions. He is currently Technical Applications and Documentation Manager. Dr. Margolies was an undergraduate at Hamilton College in New York State and received his PhD in mathematics from the University of California in Berkeley. Before coming to Franz, he worked at Lawrence Livermore National Laboratory. His interests are statistical applications and mathematical algorithms along with documentation.
発表スライド
ダウンロード PDF(2,842KB)

講義:
ACL as a Parallel Lisp
(Using a Parallel Lisp for Next Generation Database Applications)
講演者:
Jans Aasman (Franz Inc.)
講義概要:
AllegroGraph is a powerful graph database, written in Allegro CL, that is capable of storing billions of RDF triples in one server instance. Unlike all other RDF databases AllegroGraph offers constant insert time between 50,000 to 150,000 triples per second. At all times AllegroGraph is ready to run queries, even when bulk data loads are occuring. Since this is obviously impossible to achieve with only one processor, AllegroGraph is implemented as a multi agent system that will utilize all available processors. A running AllegroGraph employs [1] a Front End agent that does the load balancing for external clients, [2] Session agents that deal with customer requests for queries and additions, [3] Sorting agents that will sort and compress in-memory chunks into chunks that go on disk, [4] Merge agents that merge on-disk chunks into bigger chunks, and then we have independent agents: [5] the String-Table agent and [6] the Free Text Index agents. All communication between agents happens through shared memory. In this presentation we will describe some of the Allegrograph architecture and we will go into the low level Lisp techniques we had to use to make AllegroGraph into a web scale database.
講師略歴:
Dr. Jans Aasman, Franz's President and CEO, a longtime customer, joined Franz from TNO Telecom based in The Netherlands. His previous experience and educational background include:

講義:
Lisp, the Intangible Satellite Propulsor
-- ICFP 2009 Programming Contest report
講演者:
黄 澗石(株式会社数理システム)
講義概要:

今年度のICFPプログラミング大会の課題は、時間とエネルギーの制約で、 衛星を制御し、目的軌道や目的衛星に動かすことです。今回は、MSIチーム 3人が Common Lisp を用いてスコアー順位の7位に達しました。我々がこの 問題の分析と解決方法を紹介し、さらに、その3日間の過程の起伏と他のア イデアを紹介します。

The topic of the this year's ICFP programming contest was to program a controller that moves and stabilizes a satellite to the target orbit or reaches other target satellites. This year, we, a Common Lisp team of 3 people from MSI, reached No.7 according to the scoreboard. We'll show our analysis and demonstrate our solutions to the problems. Besides, we'll also show our misses during the procedure and how we can make it better.

講師略歴:
数理システムで勤めっています。Lisp系プログラミング言語に魅了されて、 Common Lisp programmer になってます。Prolog、Haskell の愛好者、 Linux user, Emacs fan。男、unmarried、リスプ系の彼女を探してます。
発表スライド
ダウンロード PDF(483KB)

講義:
並列Lispによる制約充足アルゴリズムの自動作成
講演者:
Alex Fukunaga (東京工業大学グローバルエッジ研究院)
講義概要:
One of Lisp's major strengths is the ability to easily manipulate code as data. In this talk, I describe a system implemented in Common Lisp which automatically generates high-performance programs for solving the boolean satisfiability problem (SAT), an important problem with numerous applications in VLSI CAD and artificial intelligence. Because of the massive amount of computation required for this task, the system uses a portable CFFI binding for MPI, a standard library which enables large-scale parallel computation based on message passing.
講師略歴:
NASA/Caltech Jet Propulsion Laboratory にて人工衛星(EO-1)及び火星探査機 MER (「Spirit」, 「Opportunity」)で使用されている人工知能ソフトの研究開発、米Blue Pumpkin Software (現在Verint社)にて世界中の企業で使用されているコールセンタースケジュール作成ソフトの開発を経て、
2007年より東京工業大学グローバルエッジ研究院助教。人工知能及び組合せ最適化の研究を行っている。

講義:
Some Lisp programs from Europe -- ヨーロッパLisp事情
講演者:
Arthur Lemmens
講義概要:
In this talk I will briefly discuss the European Common Lisp Meetings that Edi Weitz and I organized in 2005, 2006, 2008 and 2009. This will be followed by a presentation of a few programs that I developed for various clients during the last 10 years, focusing on Lisp specific solutions for some technical problems that arose during the development of these programs. The programs include a 3-dimensional tree growth simulator, a room usage analysis program and a simple Web-based publication server. The solutions include techniques for computing with quantities and physical units, a library for computing with time intervals and some tricks for registering all user messages at compile time to make them customizable at run time.
講師略歴:
Arthur Lemmens is a Common Lisp programmer living in Amsterdam. He has been writing programs for a living since 1986, when he started creating software for helping Dutch school children learn subjects like mathematics, biology, English and geography. His second job was at the Language faculty of the University of Amsterdam, where he developed an educational software authoring system and helped building programs for learning Dutch, English, Russian, Arabic, Italian, French and other languages. He left the University of Amsterdam to begin his own software consulting business, working on domains varying from wine merchant databases to airport departure control systems and from tree growth simulation to intelligent multi-agent models. Currently he spends most of his time on programs related to machine translation and building design.

講義:
Lisp Compiler の評価
講演者:
阿部正佳 (株式会社数理システム)
講義概要:

Lisp 処理系はその性質上数値計算を苦手としてきた。しかし近年の処理系は コンパイラに適切な指示を与え、またコード中に型宣言を加えることにより Fortran や C といった古典的なコンパイラと比較しても遜色ないコードが出 せるようになりつつあると言われている。しかし両者の生成コードの間には、 実行効率の点で今だに無視出来ない開きがあるのも事実である。

我々は事の真相をさぐるべく、3 つの主要な Common Lisp 処理系であるACL (Allegro Common Lisp), SBCL (Steel Bank Common Lisp), LispWorks の生成 コードを調査してみた。本講義では、その結果得られた衝撃の事実を暴露する。

講師略歴:
SRA (株)で TAO/Elis 関連の仕事に従事したことから Lisp に興味を持つ。 HAL 研究所(株) でゲーム開発に Lisp を使った経験から、Lisp の実用性を 実感する。スーパーファミコン(65816)の C コンパイラを KCL (Kyoto Common Lisp) で実装した。COINS コンパイラプロジェクトで中間言語とコー ドジェネレータの設計を担当した。未踏プロジェクト(IPA)の援助でリターゲッ タブルコンパイラ SCK を Emacs Lisp で実装した。
発表スライド
ダウンロード PDF(286KB)
論文
ダウンロード PDF(197KB)

Franz Inc. Japan Home  |  Franz Inc. Home
Copyright © 2014 Franz Inc.